がんができる場所

大腸からの移動

先生

死亡率の高いがんには様々な種類がありますが、その中でも大腸がんは、がんの中でも比較的進行が速く転移しやすいものであるとされています。しかし、大腸はほとんどの場合において初期症状に気付くことが少なくなっており、重度の出血や腹痛が発生して初めて発見されるということが多くなっています。そのために、発見された時はほとんどの場合において進行している状態になっており、がんの状態の中でも特に悪いものであるとされています。そのために、最近では大腸がんが見つかった時には転移などをできるだけ防ぐためにと手術や薬物療法などをいちはやく始めるという対策が取られています。そうすることによって、治癒する確率を高くすることができ、より良い結果を残すことが可能です。

対策と方法

大腸がんが転移していた時の対策としては、根となる大腸の一部分に放射線を照射したり手術で切除したりということになっています。そうすることによって根を殺すことができるため、悪質な細胞の数が減るのです。そのために、薬物の効果を高くすることができ、確実な効果を得ることが可能であるとされています。薬物の効果を高くすることによって、大腸がんが転移している場合においてもしっかりと治療を進めることができるので、それ以上の転移を極力防ぐことが可能なのです。それ以上の転移を防ぐことで身体機能の衰えなどを減らすことが可能となっているため、大腸がんを治療しやすくなっています。

発見法や治療法について

先生

早期発見することが難しいと呼ばれる胆のうがんですが、発見が遅れると症状はどんどんひどくなっていきます。そのため、現在では臭いによる発見など様々な研究が行われています。

詳細を確認する...